《認証保育所とは》認可外? 無認可? 認証保育園の特徴と働くメリット・デメリット

保育園にはさまざまなタイプの保育園がありますが、中でもイメージが付きにくいのが認証保育園です。この記事では、認証保育園の特徴と、設置された目的について解説します。また、認可保育園、認可外保育園、無認可保育園など、他のタイプの保育園との違いについても触れていきます。認証保育園で働くメリット・デメリットが知りたい方も、ぜひ、チェックしてみてください。

認証保育園とは

認証保育園とは、認可外の保育園にあたる施設です。そもそも東京都独自の施設制度で、「国の認可基準を満たせないが、自治体の基準を満たしている」場合に、認可外保育所でも補助金交付を受けられるようにする制度です。

他の自治体でも同じような制度があり、名称は地域によってさまざまあります。大阪市では地域型保育事業所、さいたま市では家庭保育室やナーサリールーム、横浜市では横浜保育室、浜松市や堺市は東京都と同じく認証保育園です。

認証保育園設置の目的

国の基準では保育園設置が難しい都市部などにおいて、子どもを預かる事のできる施設を設置し、待機児童を解消しようというのが認証保育園設置の目的です。

とくに0歳児保育を行えない保育園が多いため、0歳児保育を行える施設を中心に創設できるようにしました。一般的な認可保育園では0歳児を預かあらない施設もありますが、認証保育園の場合はどの園でも0歳児から預けることができます。

認証保育園には、基本的に駅前に設置するA型、小規模で家庭的な保育所のB型があります。A型は0〜5歳、B型は0〜2歳が通所できます。

二重保育解消も目的の一つ

認証保育園は原則13時間以上開園しており、認可保育園よりも2時間以上長く開園しています。これは、二重保育(2つ以上の園に通うこと)を解消するための時間設定です。

保育の必要性は関係ない

認証保育園に通う場合、直接施設に申請を出します。保育の必要性は関係ないため、保育の必要性を判断する審査は行われません。ただし、幼児教育・保育の無償化制度を利用する場合は、保育の必要性が求められます。

運営について

認証保育園は民間や個人の事業者が運営しています。自治体が公的な補助金を交付してもらえるものの、運営元は民間です。

保育料は自由に設定できるとしていますが、月額上限は約8万円となっています。東京都では3歳未満を8万円、3歳以上を7万7,000円を上限に定めています。

配置基準

認証保育園の配置基準は、認可保育園の配置基準に準じます。

0歳児3人に1人以上
1〜2歳児6人に1人以上
3歳児20人に1人以上
4歳以上30人に1人以上

上記に準ずる配置で、保育士等の従業員の6割以上は常勤でなければならないとしています。

ただし、認証保育園は小規模で家庭的な保育を目的としているため、0〜2歳児の定員は6〜29人と定められています。

施設基準

認証保育園では、0〜1歳児の施設の広さを3.3平方メートルとしています。これは認可保育園でも同じです。ただし、弾力基準として0〜1歳児の場合は、一人あたり2.5平方メートルまで緩和できるとしています。

無認可とは何が違う?

無認可保育園とは、認可を受けていない児童福祉施設のことです。

認可保育園では保育料を独自に決められなかったり、受け入れ児の選択ができなかったりしますが、認可を受けていなければ自由に設定できます。運営の裁量権が幅広いということが言えるでしょう。

独自の保育方針を維持するために無認可としている保育園もありますが、中には運営に問題のある保育園もあるのが現状です。

認証保育所も認可を受けてないため、無認可保育園としても数えられます。しかし、自治体の基準を満たしているため、認証保育所のほうが運営や体制に一定の信頼感はあるといえるでしょう。

認証保育園の給与や待遇

認証保育園の給与や待遇は、その地域や園によってもさまざまです。首都圏であれば、月給20万円前後が相場となります。
一般的には、運営母体の経営状況や規模なども保育士の給与に反映されるため、運営母体の状況もチェックするといいでしょう。大手企業が運営する認証保育園であれば、平均よりも高い給与や、充実した福利厚生を得られる可能性は高いです。

認証保育園で働くメリット・デメリット

認証保育園で働くことのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

メリット1.特色ある保育を経験できる

認証保育園は、認可外ならではの特色ある保育を行っているケースがあります。スポーツや英語など、得意分野があればスキルを生かして働けるでしょう。

メリット2.利便性が高い立地で働ける

駅から徒歩数分など、アクセスのいい立地で働くことができます。電車通勤のストレスから開放されるでしょう。

メリット3.夜間だけなどの勤務も可能

開園時間の長い認証保育園は、多くの保育士がシフト勤務をしています。夜間だけ、短時間だけといった働き方ができるため、自分に合ったシフトで働くこともできるでしょう。

デメリット1.無資格の職員の割合により質が偏る

認証保育園は無資格の職員も働くことができます。認可外保育園では職員の3分の1が保育士であればいいため、それ以外の職員は無資格でもOKです。無資格の職員が多いと保育の質が落ちる可能性があり、自分が理想とする保育サービスが行えない可能性もあります。

デメリット2.オーバーワークになりがち

限られた職員で園の運営をする施設も多いため、一人に割り当てられる業務負担が多くなる可能性があります。長時間労働や持ち帰り仕事、休日出勤をする可能性もゼロではありません。

デメリット3.大人数をまとめるスキルは身につきにくい

施設も広くなく、小規模な運営になりやすい認証保育園では、大人数をまとめるスキルは身につきにくいです。どちらかといえば、一人ひとりに向き合い、丁寧な保育を行いたいタイプの方に向いています。

首都圏ニーズから生まれた認証保育所

認証保育所は、0歳児を預ける場所がない、都心に預けられる保育園がないことから生まれた、自治体が設けた福祉施設制度です。認証保育所は駅前にあることが多く、アクセスがいい立地に設置されるため、働く保育士にとっても利便性は良好です。認可外保育園や無認可保育園でもある認証保育所ですが、自治体の認証を受けている点で一定の安心感があります。転職する際には、メリット・デメリットの特徴を理解して園を選ぶといいでしょう。

-保育士, 保育関係職で働く, 各施設で働く, 就職・転職・復職など