子育て支援員とは?資格取得方法と就業先は?

地域で活躍する保育人材に、子育て支援員がいます。子育て支援員は、2015年からスタートした資格で、まだまだ聞き馴染みのない方も多いでしょう。この記事では、子育て支援員の役割や仕事について解説します。子育て支援員を取得する方法や勤務先などについてもご紹介しましょう。

子育て支援員とは

子育て支援員は、2015年にスタートした「子ども・子育て支援制度」によって認められた子育ての新たな担い手のことです。民間資格で、保育士などの国家資格とは違います。

不足する保育士を保管する人材として活躍しています。待機児童解消などにも寄与する人材です。

子育て支援員の仕事

子育て支援員が働くのは、保育園や認定こども園などの施設が中心です。保育園であれば、保育補助などの役割を果たします。保育園などでの仕事内容は具体的に以下の通りです。

  • 食事の介助
  • オムツ替えやトイレの世話
  • 散歩の補助
  • 清掃や片付け等の環境整備
  • お昼寝の寝かしつけ
  • 遊び相手

上記のように、仕事内容は保育士の仕事と重なるところがあります。子育て経験がある人なら経験のある業務が多いかもしれません。

保育士との違いは?

子育て支援員は、保育士と違って担任を持つことがありません。保護者対応をしない、クレーム対応をしない、保育計画の作成や連絡帳の記入をしないなど、責任のある仕事からは外れることが多いです。

子育て支援員はあくまで支援員であって、主に保育士のサポート、保育補助の業務を行います。

給与に関しては、国家資格である保育士と比べると年収は低くなります。正社員採用もほぼありません。低収入になることで人材が確保できないことなどを危惧し、国では、フルタイム勤務の子育て支援員の年収目安を250万円とするよう方針を示しています。

子育て支援員になるには・資格のとり方

保育士を補助する子育て支援員には、保育士資格は必要ありません。「子育て支援研修」を受講し、修了すれば子育て支援員になることができます。

研修の受講には、年齢制限もなく、地域に在住、在勤、在学していれば研修を受けることができます。子育て分野で働くことを希望している方が受講対象です。

研修を受けるには、自治体のホームページ等を参照してみてください。多くの場合、募集要項が記載されています。

研修受講は、6つのコースから受けたい研修内容を選ぶことから始めます。コースを選んだら研修の申込み、研修を受講します。研修後に修了証書が交付されたら、無事、子育て支援員です。

保育士や社会福祉士、幼稚園教諭や看護師、保健師等の場合は、研修を一部免除することも可能です。

研修コースの内容

研修では基本研修の他に、専門研修を受ける必要があります。基礎研修で子育て支援員の役割や子どもとの関わりを8時間ほど学んだ後は、専門分野について学びます。

研修内容は自治体によっても違いがありますが、神奈川県のケースでは以下の6つのコースから専門研修コースを選ぶことが可能です。

1.地域保育

保育の仕事や主に乳幼児を預かる分野を学びます。「1)地域型保育コース」や「2)一時預かり事業コース」があり、小規模保育事業や家庭的保育事業、事業所内保育事業などで働きたい人におすすめのコースです。一時預かり事業をする場合も、こちらのコースを受講します。

2.地域子育て支援

地域で行われている子育て支援を行うために必要な知識を学びます。「3)利用者支援・基本型コース」「4)利用者支援・特定型コース」「5)地域子育て支援拠点事業コース」があり、子育て家庭のニーズを把握して地域の保育施設の情報提供をしたり、相談等にのったりする業務を行います。

他にも、親子の交流の場を設けたり、地域の子育て支援機能の充実を図ったりする事業の専任職員として働くことができます。

3.放課後児童

「6)「放課後児童コース」は、小学生の放課後児童クラブで働くために必要な、遊びや環境づくりなどについて学ぶことができます。

自治体によっては、1つのコースのみ行っているケースも少なくありませんので、受けたいコース内容がある場合には注意しましょう。

各コースは、実地で行われるものと、オンラインで行われるものとがあります。すべてオンラインで受講できるものもあれば、一部しか受講できないものもありますので注意してください。

研修費用は自治体によって違い

研修の受講費用は基本的に無料とする自治体も少なくありません。ただし、自治体によって違いがあります。テキスト代に数千円かかったり、健康診断費用などがかかることもあります。また、受講のための交通費や昼食代、オンライン受講のための通信費などは自己負担です。

子育て支援員の就業先は

子育て支援員は、以下のような保育関連施設で働くことができます。

放課後児童クラブ

学童保育などと呼ばれる放課後児童クラブにおいて、補助員として働きます。おやつを用意したり、おもちゃを整理したり、子どもの宿題を見てあげたり、業務内容はさまざまです。

乳児院・児童養護施設

乳児院や児童養護施設は、障害や虐待等、何らかの理由で家族と一緒に暮らせない児童が入所する施設です。ここでも正職員をサポートする役割で、子どもと接しながら働きます。

小規模保育施設・家庭的保育事業所

小規模保育施設は、0歳から2歳までの子どもを預かる保育施設です。家庭的保育は、別名保育ママと呼ばれる制度で、保育士の自宅で2歳までの子どもを預かります。子育て支援員は、保育補助的な役割を担います。

事業所内保育事業所

事業所内保育施設も、小規模保育施設などと同じ小規模な保育施設です。保育士を補助するスタッフとして勤務します。

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターとは、地域で相互に子育てを支え合うシステムです。援助会員は講習会を受けて登録し、利用会員とのマッチングを経てサポートが行えるようになります。お世話をする児童は0歳から小学生6年生までです。資格は不要ですが、子育て支援員の知識が活かせます。

他にも、一時預かり事業など、さまざまな場所で働くことができます。

保育業界で働く足がかりとして

子育て支援員は、無資格からでも子どもと関わる仕事ができる魅力的な資格です。業務負担も少なく、保育現場が初めての人でも安心して入職できます。しかし、給与が少ないことと、アルバイト求人が中心な点はデメリットでもあるでしょう。

デメリットはありますが、これから保育業界で働こうとする人なら、保育士として働いたり、放課後支援員として働いたりする足がかりとして、研修の受講を考えてもいいかもしれません。

-保育関係職で働く, 子育て支援員