40代「保育士辞めたい」でも、転職は難しい? 転職事例から考えるキャリア形成

40代の保育士が辞めたい理由とは? 転職事例から考える40代でも叶う幸せな転職について触れていきます。

「このまま保育士でいいのかな」「人間トラブルに悩んでいる」など、転職理由はさまざまです。

世間一般には40代からの転職は難しいイメージがありますが、保育士の場合はどうなのでしょうか。

この記事では、40代の保育士が「辞めたい」と感じている理由や、一般企業や保育士の転職事情について取り上げます。

また、40代で転職した事例についてもご紹介していきますので、ぜひ、参考にしてみてください。

40代の保育士はどんな理由で「辞めたい」と思っているの?

保育士を辞めたい……と思っている40代の多くは、どんなことを理由に辞めたいと思っているのでしょうか。漠然と辞めたいと思っている人も、共感するポイントがあるかもしれません。

体力的にきつくなってきたから

年齢を重ねると顕著になってくるのが体力の衰えです。

子どもと園庭を走り回れなくなってきた、家に帰ると倒れるように寝てしまうなど、体力の変化を感じる保育士は少なくありません。

生涯続けられるのか、このままで大丈夫なのか、不安に感じている人もいるでしょう。

また、腰痛や膝痛などを患ったことで、働き続けることに不安を感じている保育士さんも少なくありません。

なにより、20代、30代の保育士が子どもと走り回る様子を見て「働き方を考えないといけないのかも」と思う人が多いようです。

20代など、若い保育士たちとのコミュニケーションに気疲れするから

40代になってくると、中堅保育士として若手の指導なども行なうようになります。

ジェネレーションギャップに驚いたり、コミュニケーションの行き違いからぎくしゃくしたりすることも多いです。

相手の視点で考え「どう言えば伝わるのか」想像しているうちに、気疲れして「もう辞めたい」と思ってしまうのかもしれません。

給与が低く、収入をもっと得たいから

一般企業では40代まで勤めれば役職がつき、20代に比べて年収も増えていきます。

スキルや経験値が変われ、キャリアアップする人も少なくありません。

しかし、保育士の場合は、ベースのお給料が20代からほとんど年収が変わらないことも多々あります。

40代でも月給が20万円ないケースも多く、その収入の少なさにうんざりしてしまう人も少なくありません。

最近は処遇改善手当などが支給されるため、保育士全体の収入はアップしています。

しかし、統計などを見ると、40代全体の平均年収は40代の保育士の年収は約390万円、40代の全平均は約552万なので、単純に計算しても160万円ほど保育士の年収は安いです。

※令和4年賃金構造基本統計調査

「子どもが大学へ進学するから、もっと稼ぎたい」と、転職を考えるケースもあり、本来は保育士という仕事が好きなのに、やむを得ず別の仕事に就く人もいます。

子育てや介護との両立が難しいから

40代になると、親の介護が始まる方も少なくありませんよね。なかには、子育てと介護を両立しなければならない人もいます。

子育てや介護は24時間対応が必要なものです。保育士としての働き方を見直すのも無理はありません。

保護者対応に疲れてしまったから

ベテランの40代保育士でも、保護者の対応は難しい業務の一つです。相性が合わないと頻繁にクレームを入れられることもあるでしょう。

コミュニケーションに工夫をしても前進がない場合、無力感から保育士を辞めたいと思ってしまうかもしれません。

保育士を辞めたいと思ったらやること・考えること

保育士を辞めたいと思ったら、まずは紙にその理由を書いてみましょう。

最初は漠然としているかもしれませんが、「◯◯するのが嫌だった」「もっと評価されたい」など、自分が求めている働き方が見えてくるはずです。

辞めたいのは保育士か、今の園か

「保育士を辞めたい」と言い切る前に、辞めたいのは保育士なのか、今の職場なのかを考えるようにしてみましょう。

「もう辞めたい!」とたまらなくなることもあるかもしれませんが、感情のままに動いてしまうと、選択を誤る可能性もあります。

一度冷静になって、辞めたいのは保育士なのか、今の園なのかを考えてみましょう。

洗い出してみると、転職が必要ない場合も出てきます。お給料が少ないのが不満なら、昇給を打診してみれば対応してもらえるかもしれません。

また、人間関係が原因なら、配置換えを希望するのもいいでしょう。

「今のままでは解決しない」と思ってから転職活動を検討しても遅くはありません。

転職したい本当の理由は

紙に書き出したなかから、転職したい本当の理由について考えてみてください。あなたはどんな理由から転職をしたいと思っているのでしょうか。

人間関係、労働時間が長い、待遇が悪いなど、さまざまな理由があるでしょう。その中でも、転職せずには解決できない理由をピックアップしてください。

ピックアップできたら、その理由を解決するために転職活動を始めましょう。

「シフトの融通が利かない」のが転職理由であれば、シフトを必ず通してくれる体制の施設を選びます。

「もっとスキルアップしたい」と思うのであれば、研修が充実している園を選ぶと、スキルが磨けるはずです。

40代、保育士は引く手あまた?40代の転職の実情

転職理由が定まったところで、転職の実情について深ぼっていきましょう。

一般的に、40代以上の採用を希望する企業は少ないです。その理由は、30代前半くらいまでの人材を採用し、会社に有用なプロ人材を育てたいから。

いわゆる「キャリア人材の育成」を理由としています。

一方、保育施設は常に人手不足で、スキルある即戦力のある人材を歓迎する傾向が強いです。

そのため、40代の保育士が転職先に困ることは少ないといえます。むしろ、経験を買われ、喜んで迎え入れてくれる職場もあるでしょう。

40代の場合、わらべうたや手遊び、工作やダンスなどの知識や経験だけでなく、保護者からの信頼を得やすいというメリットがあります。

若い世代の保育士を雇いたい保育施設もありますが、それは給与が比較的安いこと、独身でシフトの融通が利きやすいことなどをメリットに感じているからです。

20代の保育士には20代の、40代の保育士には40代の良さがあります。

どちらの良さを求めるかは園の運営方針によっても違いますので、転職の際には在職する保育士の年齢などを参考に、園を選んでみてもいいかもしれません。

40代からの別業種・別業界への転職は一般的に難しい

前述の通り、一般的に40代からの転職は難しいとされています。実際、ハローワークなどでも求人の数は少なく、別業種や別業界への転職は簡単ではありません。

それでも保育士以外の仕事もしてみたい! という場合は、事前のリサーチと準備をしておきましょう。必要な資格を取得したり、語学を学んだり、学校へ通うことなども視野に入れます。知識や資格を備えておけば、別業種・別業界への転職が叶うかもしれません。

異業種もパートも! 40代保育士の転職事例

実際に40代で転職した方の事例から、どんな転職のプランがあるのか、転職後、どんな変化があったのかなどをまとめてご紹介します。

保育補助でもやりがいを感じる職場へ

家庭と両立しながらパートの保育補助として働いていたAさん。

少子化等の原因により、フルタイムの仕事が週2〜3日・3時間ほどのシフトに勤務時間が減っていました。

パート職員に任される業務量は少なく、正職員の保育士は忙しそうなのに、役に立たないもどかしさを感じていました。

そこで「いいところがあれば」と一念発起。Aさんは転職エージェントに登録します。

現在の職場を辞めるとは考えていませんでしたが、とりあえず紹介された保育園へ見学にいきます。

すると、テキパキとした訪問先の園の対応に好感をいだきます。

話せばフルタイムで働けるということ、また、かつて海外経験で培った英語が活かせるとあって「自分らしく働ける!」と、転職を決めました。

職場ではお互いの個性、得意を生かせるため、イキイキと明るく働けるとのこと。

パート職員だからと仕事のやりがいを諦めていたAさんですが、転職してよかったという好例です。

長いブランクののち、正職員へ

結婚や子育てによって、15年ほど保育士の仕事から離れていたDさん。

最初はパート職員からスタートし、正職員登用の制度を使って、今は正職員保育士として保育園に勤務しています。

パートからスタートしたことにより、復帰後は「家庭と両立できるのか」「体力は持つだろうか」と不安でしたが、安心して仕事をスタートすることができました。ブランクや年齢のことは施設側はほとんど気にしておらず、働けるだけ働いてほしいという園の姿勢でした。

今は園にもすっかり慣れ、自分の子育て経験を活かしながら楽しく働いています。

異業種から掛け持ち保育士へ

ママ友が保育士をしていることがきっかけで、「なんだか楽しそう!」と、保育士資格を取得したCさん。

子育ても落ち着いており、働く時間にも融通が利くため、保育園運営に貢献したい!という気持ちで働き始めました。

保育士になってからは、掛け持ちで複数の園で働いているというCさん。

同じ遊びでもそれぞれの園で違うやり方があったり、声掛けやトラブル対応、イベント運営なども比較して学べたりするため、効率的なスキルアップに繋がっているのだとか。

「正職員」かつ「長い勤続年数」働いていていることが「スキルのある保育士」のようなイメージがありますが、Cさんのような働き方もスキルアップには最適なのかもしれませんね!

これから保育士に就職・復職したい40代の方にとっては、勇気づけられる転職事例ではないでしょうか。

保育士を辞めたいと思うことはある

40代は家庭との両立、「定年まで体力が持つのだろうか」という不安など、たくさんの課題が降ってきます。

忙しい毎日のなかで「保育士を辞めたい」と思うのは無理もないかもしれません。

転職がチラついたら、まずは自分が何をしたいのか、幸せな働き方とは何かなど、少し向き合う時間があるといいかもしれません。

また、先輩たちの転職事例を参考に、自身のキャリアについて見つめるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

-保育士のコラム