30代で保育士を辞めたいと思ったら考えたいこと「転職してよかったこと」とは?

保育士も30代になると、中堅やベテランの域に突入します。先輩と後輩の板挟みになりやすい世代でもあることから、人間関係や業務上の問題、家庭との両立において「保育士を辞めたい」と思う人が多いようです。この記事では、30代保育士が辞めたいと思う理由や、未経験からの異業種転職の実情などについて解説します。「転職してよかった!」という人たちの声も集めましたので、転職を検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

30代保育士が辞めたいと思うその理由は?

30代の保育士が「保育士を辞めたい」と思うその理由にはどんなものがあるのでしょうか。まずはどんな理由があるのかを見ていきましょう。

給料が上がらない、キャリアが想像できない

20代から働いてきても、一向に給料が上がらない事態に「このままでいいのかな」と思う保育士は少なくないようです。

会社員の友人とは明らかに暮らしぶりが違う自分を比べてしまい、なかなか昇給しない現状に苛立ちを覚える人も少なくないでしょう。

課長やマネージャーとして活躍している友人と比べると、保育士の自分は何も役職がなく、成長していないように感じることもあるでしょう。一生役職につかないまま終える保育士もたくさんいるため、キャリアを積み上げていくロールモデルが見つからず、将来に漠然として不安を感じてしまいます。

このような状況では、保育士を続けて良いものかと踏みとどまってしまうのは自然なことかもしれませんね。

仕事の責任が重い/仕事量が多い

30代になってくると、保育園では中堅の役割を担います。担任を持つのはもちろん、イベントや行事などを仕切ることも少なくありません。新人教育を任されたり、人員配置を考えたり、こまごまとした役割を与えられることも多いです。

自然と仕事の責任が重くなり、子どもの安全、保護者とのやり取りなど、一つひとつの仕事に負担を感じることも多くなってくるでしょう。

責任とともに仕事量が増えれば、時間にも余裕がなくなります。残業が増えたり、家庭との両立が大変になったりすることも増えるでしょう。仕事の責任が重くなることで私生活への影響が出るケースもあります。

私生活までも影響が大きくなると、もう少し責任の軽い仕事に就きたいと思うのも無理はありません。

結婚や出産で生活環境が変わった

30代になると、結婚や出産でライフスタイルが変わる人も多いでしょう。すると、今まで通り働くことが難しくなったり、家庭との両立に疲れてしまったりすることが増えます。

「早番や遅番のない仕事に就きたい」と思うなど、より働きやすい環境を求めて保育士を辞めたいと思う人が増えます。

人間関係がつらい

「保育士を辞めたい」理由として、どの世代も理由にあげるのが人間関係です。

人間関係がうまくいかないと、仕事が円滑に進まなかったり、ミスが発生しやすくなったり、働きやすさという意味でも環境が悪くなります。自分の目指す保育を実現できなくなったり、働く目標を失ってしまったりすることも珍しくありません。

保育士という仕事に飽きた

保育園で過ごす子どもたちは毎日規則正しく生活します。季節の制作をしたり、イベントがあったりする場合もありますが、おやつや昼食、昼寝など、大枠の過ごし方は変わりません。平穏に過ごすことが重視される場面も多く、刺激が少ないと感じる保育士の方もいるでしょう。

上司や保護者の要望に沿って動くだけになったり、タイムスケジュールに沿って子どもたちを誘導するだけの仕事に思えたりしてしまうと、無力さを感じて辞めたいと思うケースもあるようです。

心身に不調が出ている

ストレスなどで心身に不調が出てしまい、働けなくなってしまうケースもあります。自分ではストレスに感じていなくても、過呼吸になってしまったり、気持ちが落ち込んだりすることもあります。

心身に不調が出ている状態では、子どもたちを安全に保育することは難しくなります。長時間労働になりがちな保育士の場合、辞めるしかないと考える人が多いのかもしれません。

30代保育士、辞めたいと思たときに考えること

30代保育士のあなたが「保育士を辞めたい」と思ったら、まずは以下のことを踏まえて考えてみてください。ここでは、考えるために知っておいたほうがいいことについてまとめました。

ひとまず、今すぐ退職は絶対だめ

「保育士を辞めたい」と思った今、まずはすべきことに集中しましょう。すべきこととは、退職ではありません。退職は考えるべきことを考え、転職活動を進めてからするものです。辞表を出したい気持ちもわかりますが、今すぐに退職するのは避けるようにしましょう。

もし、あなたの健康状態が良くないなら、早めに対処すべきです。体調の不調について園に報告し、早めに休職できるようにしてください。

今は辞めたいと思っているかもしれませんが、休職することで心身が健康になり、また働きたいと思えるケースもあります。不調があるなら無理をせず、まずは立ち止まってみることも大切です。

体調などにとくに不調がない場合は、転職活動を検討し始めるのもいいでしょう。しかし、転職は在職中に行なうのがベストです。なぜなら、自己都合で退職した場合は失業保険がすぐに受給できず、収入にブランクが生まれてしまうため。落ち着いた転職活動をするためにも、収入源は確保しておきましょう。

保育士を辞めたいと持ったら、まずは転職サービスや転職エージェントなどに登録することから始めてください。エージェントなどと相談しながら、転職スケジュールを練るのもいいでしょう。

30代転職の現実を知る

転職は年齢を重ねるごとに難しくなります。同じ30代でも、前半と後半では需要が変わってくるでしょう。

未経験から異業種への転職は難しい

異業種への興味を示す保育士の方も少なくないと思います。しかし、30代から未経験で挑戦できる業種は多くはありません。もし、異業種への転職を考えるなら、資格を取得したり、就職に有利になるような勉強をしたりすることが必要です。職業訓練校などに通うのもいいかもしれません。

資格取得などに挑戦する際も、できる限り働きながら取得することを考えましょう。

家族のことを考える必要がある

30代の保育士さんの場合、すでに家庭を持っている人も少なくないでしょう。転職はときに家庭にも影響を与えるものです。

例えば、転職することで引っ越しが必要になったり、ライフスタイルを変えなければいけなくなったりすることもあるでしょう。子育ての割合や家事の割合などをパートナーと調整する必要も出てくるかもしれません。転職のためにブランクができれば、経済的な影響も与えます。住宅ローンなどを支払っている場合なども影響があるかもしれません。

転職は自分だけでなく家族にも影響を及ぼすことを理解しておきましょう。

転職は簡単には繰り返せない

転職は何度も繰り返せるものではありません。職を転々とすれば履歴書上の印象は悪くなります。転職理由を聞かれるたびに答えに詰まることにもなりかねません。何度も転職を繰り返せば、面接を受けても採用されないことが増えるでしょう。

転職は簡単に繰り返せないものであることを事前に理解しておく必要があります。

転職先の選択肢には何があるの?

転職したいなら、まずはどんな選択肢があるのかを確認してみましょう。

異業種への転職

30代から未経験の職種へ転職するのは難しいですが、30代であれば挑戦できるのも確かです。異業種への挑戦もありでしょう。異業種への転職は、資格を取得するなど事前準備が必要なケースもありますので、転職を思い立ったら必要な資格や要件を調べておくといいです。

保育士経験を生かせる業種

保育士としての経験を強みにして働ける現場はたくさんあります。例えば、以下のような業種、職種です。

学童保育や放課後等デイサービスなどの福祉施設スタッフ

保育士以外の福祉の仕事を探している方におすすめです。小学生や障がい児と接する仕事ですが、保育士としての経験は十分に生かせるでしょう。

介護施設スタッフ

福祉の仕事に就きたいなら、介護施設のスタッフもおすすめします。保育士資格は高齢者の介護現場でも必要とされており、レクリエーションなどの場面でも活躍します。

販売などの接客業

保護者と接してきた経験は、アパレルなどの接客販売業でも重宝します。売上などを意識する必要があるのは大変ですが、ファッションや雑貨など、一日中好きなものに囲まれて働けるのは魅力です。

営業職

営業はものを売るイメージがありますが、一方で誰かのニーズを満たすお仕事でもあります。相手とコミュニケーションしながらニーズを探り、必要な商品やサービスを届ける業務は、保育士の仕事と共通するところもあるでしょう。

事務職

資料作成など、書き物のしごとをたくさんしてきた保育士さんなら、事務仕事もお手の物でしょう。ただし、事務といっても幅が広く、営業をサポートしたり、経理業務を兼任したり、高いパソコンスキルを求められたりすることもあります。

保育士向け転職エージェント

保育士が多く転職する異業種です。現場で働く保育士さんをサポートするお仕事で、園と保育士をつなぐ役割も果たします。スケジュール調整をしたり、良い雇用に繋がるようにサポートしたり、業界を知り尽くしている保育士には最適な異業種といえるでしょう。

保育業界にとどまる

30代で転職を考えてみたけれど、他の業界もピンとこない……という人も少なくないはずです。それなら、同じ保育業界の違う保育園や認定こども園などで働く手もあります。最近は園によっての取り組み、保育方針、施設設備なども多種多様です。場所を変えて、自分の保育スキルをさらに磨くことを考えるのもいいかもしれませんね。

強い引き止め、退職を承諾してもらえない場合には

辞めたいと告げても、園側からしつこい引き止めにあうことはよくあります。円満に退職をしようと調整しているうちに、ズルズルと辞められない状況に陥ることも多いです。なかには「代わりの人が入るまで」と、退職のタイミングが引き伸ばされることもあります。しかし、いつまでも相手の出方を待っていては物事が進んでいきません。

辞めたいと告げた際に園から調整を求められたとしても、「いついつ頃までには退職したい」とデッドラインを決めておくといいでしょう。

人間関係が悪いと、退職や転職をそもそも上司に相談できないこともあります。その場合、労働問題として地域の労働基準監督署に相談してみるといいでしょう。退職相談窓口があるので、ぜひ、相談してみてください。解決の糸口が見つかるかもしれません。

30代、保育士を辞めてよかったこと

最後に、30代で保育士を辞めてよかった!という人たちの声も取り上げたいと思います。声を聞いていくと、以下のようなメリットがあるようです。

時間に余裕ができた

保育士として働くのを辞めたことで、追われるようにして一日を過ごすことがなくったというCさん。

午前中の活動を終えたら慌ただしく昼食の準備に入り、昼食を終えたら寝かしつけて……と、日々のルーティーンをこなすだけでも大変な保育士の仕事。いつも時間に追われながら働いていましたが、保育士を辞めたことでゆったりとした気持ちで過ごせるようになったそうです。

ストレスが減り、精神的に安定した

人と接する仕事はストレスを感じやすいと言われます。Aさんはかわいい子ども相手でも接するのがつらく、イライラしやすくなり、保育士を辞めたいと感じるようになりました。辞めた途端に心身ともに軽くなったといいます。

ぐっすり眠れるようになった、暴飲暴食がなくなったなど、保育士を辞めたことで心身の変化を感じている方は多いです。

体力的な余裕ができ趣味も楽しめるように

子どもの相手をするのは体力的にもしんどいもの。家に帰って趣味を楽しみたい、ランニングをしてリフレッシュしたいと思っても、帰宅後は何もできない……という人は多いのではないでしょうか。

Bさんは保育士を辞め、デスクワークの仕事を始めました。すると体力の消耗が少ないのか仕事帰りにジムに通ったり、習い事をしたりと、趣味を楽しめるようになったそうです。ワークライフバランスが整い、今では生活に充実感が得られるようになりました。

給与が上がった

保育士を辞めてキャリアチェンジしたことで給与が上がった!というRさん。これまでは安すぎる給料にため息をついていましたが、今ではやればやっただけ評価されるため、どんどん働いて稼ぎたい!と、考えているようです。

他にも「サービス残業がない」「がんばった分だけインセンティブが貰える」「時給換算すると給与が◯倍になった」というような声も聞きます。保育士はやりがいを搾取されやすく、サービス残業が常態化している園も少なくないため、転職することでより充実感を感じやすくなるのかもしれません。

人間関係トラブルから逃れられた

保育士同士の人間トラブルから逃れられるだけでなく、保護者とのトラブルも解消できるのは大きなメリットです。

保護者の方と反りが合わず悩んでいたKさんは、30代になると仕事を任される事が増え、先輩にも相談しにくくなり、孤立していったといいます。今は園を離れたことでホッとでき、新しい保育園ではのびのびと働いているとのことです。

相談できる環境が整った園を選ぶなど、転職先選びにこだわったことが転職成功への鍵になったようです。

新たな仕事に挑戦し、スキルが身につくのが嬉しい

30代という年齢で新たな仕事に挑戦することは勇気のいることですが、一方で新たな分野に挑戦でき、刺激的な経験ができます。Uさんも30代なかばで一念発起し、事務の仕事へと転職を決めました。大学時代以来のパソコン業務に慣れるのは大変でしたが、OJTなどを通してなんとかついていけるようになったといいます。

仕事に慣れてくると自身に成長を感じ、「30代でも新しいことに挑戦できるんだ」と自信になったそうです。

30代からの転職は慎重に!

まだまだ挑戦できる30代ですが、それでも転職は慎重に進めていきましょう。勢いで辞めてしまうと、後悔することにもなりかねません。経済的な面でも、在職中に転職先を決めるのが理想ですので、慌てて辞表を書くことだけは辞めてください。家族がいれば家族とも話し合い、別の保育園へ転職するのか、未経験の異業種に転職するのかなど、多角的に検討してみることをおすすめします。

-保育士のコラム