保育補助から保育士になるメリットとはー試験や就職に有利になる?ー

保育補助とは、保育士や園の運営のサポートをする仕事です。この記事では、保育補助の仕事内容・保育士との違いなどを解説し、保育補助から保育士になるメリットについて解説します。学歴等で保育士試験の受験を諦めているなら、保育補助として働くことで受験資格を得られる可能性もあります。これから保育補助として働きたい方、保育士資格に興味のある方に向け、役立つ情報をお届けします!

保育補助と保育士の違いとは

保育補助とは、正規で働く保育士たちの補助をする仕事です。正規の保育士との一番の違いは、クラス担任などを持つことがなく、無資格でも従事できる点です。

子どもと遊んだり、食事やおやつの準備をしたり、洗濯や掃除をしたりするなど、その業務内容は多岐にわたります。園によっても業務内容には違いがあります。保育士の方から支持を受け、掲示物を制作したり、工作の下準備をしたりするのも保育補助の仕事です。

乳幼児クラスなら調乳や離乳食の準備、食事の介助、授乳サポート、おむつ替えなども行います。

自由度が高い勤務時間

担任を持つことがなく保育士の専門資格も不要なため、保育補助は非正規での募集が圧倒的に多いです。無資格の非正規になるため最低賃金程度の時給で雇用されるケースも多く、福利厚生の面でも待遇はよくありません。

しかし、働き方の自由度は高いと言えます。

保育補助を募集している勤務時間帯を見ると、早番・中番・遅番から選べるケースもあれば、保育士が不足する朝や夕方の手薄な時間帯に募集をかけている園もあります。

フルタイムや短時間など、労働時間の長短も比較的選びやすいです。そのため、子どもが小さいうちは短時間で、小学生や中学生に上がったらフルタイムで働く人もいます。ライフステージの変化に合わせて勤務時間を調整できるのは魅力です。

扶養内で働きたい方や家庭と仕事を両立させたい人にとって、保育補助はうってつけと言っていいでしょう。

保育補助から保育士資格を目指すメリット

保育補助から保育士試験を受験する人は少なくありません。子育て経験を活かそうと保育補助を始め、その後、本格的に保育士資格を目指す人も多いです。ここからは、保育補助から保育士資格を目指すメリットについて解説します。

メリット1.自然と体系的に学べる

保育士資格は、保育系の大学や専門学校等を卒業したり、国家試験に合格したりすることで取得できる資格です。社会人の場合は学校に通うよりも、国家試験を受験して資格を得る人が多く、令和3年のデータでは8万3,175人が保育士試験を受験しています。

1万5,000円程度〜10万円程度と、資格取得にかかる費用負担が少ないのも魅力です。

ただし、保育士試験は難易度が高く、試験を受けて保育士になるためには専門知識をたくさん学ばなければいけません。初めて触れる内容も多いです。

しかし、普段から保育補助として働いていれば、毎日の業務の中で保育士試験に出題されるような内容とたくさん出くわします。

例えば、以下のような事柄です。

  • 「今日は0歳クラスは15人出席だから、先生が5人必要で……」など先生たちが保育士配置基準に沿った配置の相談をしている
  • アレルギー疾患対応、吐瀉物処理のレクチャー等を研修で受ける
  • 保護者に配慮したトラブルの伝え方、子どもの最善の利益を優先した対応について職員同士で話し合っている
  • 夏になって、手足口病やヘルパンギーナに罹患する子どもが増えてきた

このような事柄は、保育園で働いていると日常的に見たり聞いたりするものです。保育補助として勤務していれば試験内容も覚えやすく、試験に出題されたときも「あのときのことだな」と思い浮かべることができ、落ち着いて試験に挑めるでしょう。

メリット2.受験資格が得られる

保育士試験には受験資格があります。例えば、大学卒業資格がある、一定期間に保育科の高校を卒業しているなどの条件です。受験資格に当てはまらない方は受験資格がなく、保育士になることはできません。

ただし、実務経験があれば、高卒や中卒という方でも保育士試験の受験資格が与えられます。その実務経験の一つに保育補助があります。

例えば、高卒の方なら保育所等で2年以上かつ2,880時間以上、中卒の方なら、5年以上、かつ7,200時間以上の実務経験があれば受験資格が与えられます。

実務経験を積める施設は保育所以外にもありますが、試験の出題内容を加味すると、保育所で勤務したほうが有利です。

受験資格の付与については、詳しくは全国保育士養成協議会のHPで確認できます。自分に受験資格があるかどうか調べてから受験するようにしましょう。

メリット3.就職に有利! 同じ職場で働ける可能性も

保育園では即戦力を必要としている園が少なくありません。保育補助の経験が認められれば、就職に有利に働くでしょう。資格取得後の就職をスムーズに叶えるためにも、保育補助の仕事はおすすめです。

園によっては、保育補助として勤務した同じ職場で、保育士としてキャリアアップできるケースもあります。

保育補助は保育士への近道

ここまで保育補助から保育士になるメリットに触れてきました。保育補助として働けば、毎日の業務が受験勉強に繋がり、資格取得後のキャリアアップにも役に立ちます。受験資格がない人も、保育補助をすることで保育士が得られるかもしれません。

保育士試験は難しく、時には心折れてしまうこともあるでしょう。しかし、保育補助として子どもたちと接していれば、保育士を目指すモチベーションも維持されやすいです。

今、保育園で働こうか迷っているなら、保育補助から保育士を目指してみてはいかがでしょうか。たくさんの実務経験を積み、試験に合格する頃には、内実ともに立派な保育士になっているはずです。

-保育補助, 保育関係職で働く
-, ,