【12月の園だより】書き出し/締めの言葉の書き方・文例集

生活発表会、クリスマス会、冬至など、イベントが多い12月は、それだけ保護者にお知らせしたい内容も多くなります。年末年始の過ごし方、お正月について前もって触れる園だよりもあるでしょう。

この記事では、書き出しや締めの挨拶に使える文例をご紹介します。また、12月は年末でもあることから、1月の予定に前倒しで触れておく必要があるかもしれません。12月ならではの園だより制作のポイントについても解説します。よりよい園だよりにしていきましょう!

12月ならではのイベント・季節・生活に触れよう

園だよりは保育園から保護者への連絡発信ツールです。時候の挨拶などから始まる園だよりはきちんとした印象がありますが、効率も考えた書き出しにするとベストです。

例えば、保護者に伝えたいことを書き出しに記載すれば、「12月はクリスマス会があるのか」などと、保護者も把握しやすくなります。

12月は寒くなり、防寒対策や風邪予防など、生活面でも伝えたいことがたくさんあるはずです。忙しい12月の園だよりは、特に効率よく伝わりやすい園だよりを心がけるといいでしょう。

生活発表会

すっかり朝晩の寒さが厳しくなりました。子どもたちは寒さに負けることなく、元気に遊び回っています。さて、12月●●日は待ちに待った生活発表会です。最近は毎日のように各クラスから歌声や楽器の音が響いています。子どもたちも本番に向けて練習に一生懸命です。

大掃除

穏やかな秋がやってきたと思ったら、すっかり寒くなりました。季節はもう師走です。すでに大掃除を進めているご家庭もあるかもしれませんが、●●保育園でも毎年年末には大掃除を行います。「たくさん遊んだ保育園を、ありがとうの気持ちでピカピカにしよう」というのが大掃除の目的です。子どもたちとは、掃除をしたい場所から話し合って決めていきます。ご家庭でも「今年一年、どんな遊びをよくしたかな?」と、お話してみるといいかもしれませんね。

厳しい冷え込み・冷たい風

吹き抜ける風が日に日に冷たくなってきました。保護者の皆さま方も毎日の登園・降園ご苦労さまです。さて、冬の厳しさが増すのを前に、防寒用の上着の準備をお願いします。フードがなく、動きやすいものが条件です。0、1、2歳までのお子さんは、袖のないベストタイプのものをご用意ください。年少・年中・年長クラスは、自分一人で着用できるものをお願いします。

 

クリスマス

駅前の巨大クリスマスツリーも点灯し、街のクリスマスムードも高まっていますね。サンタさんやプレゼントについて話す子どもたちの姿もよく目にするようになりました。●●保育園でも12月●●日にクリスマス会を予定しています。当日はみんなでクリスマスソングを歌って楽しむ予定です。もしかしたら、サンタさんがみんなに小さなプレゼントを持ってきてくれるかもしれません……。当日をお楽しみに!

冬至

冷え込みが厳しくなり、朝の園庭ではバケツに張った氷で遊ぶ子どもたちの姿が見られます。この寒さも元気に楽しむ子どもたちはさすがですね。さて、今月12月22日は1年で最も昼が短く、夜が長いと言われる冬至です。日本では古くから、冬至の日にゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりして過ごす日です。園の給食では、かぼちゃのいとこ煮を食べます。栄養豊富なかぼちゃは風邪予防にも効果的。この時期ぴったりの食べ物です。

風邪

今年も残すところ一か月です。クリスマスや餅つき大会、生活発表会など、これから楽しいイベントが満載です。そこでより一層気をつけてほしいのが風邪やインフルエンザなどの感染症。予防にはやはり基本は手洗いうがいと規則正しい生活習慣です。例年イベントが続くと風邪の罹患者が増えますので、体調管理に気をつけながら、残り少ない20●●年を楽しく過ごしていきましょう。

子どもの様子を書き出しにしよう

園での様子を伝えてもらって嬉しくない保護者はいません。書き出しに子どもの様子を盛り込めば、保護者の方にとっても読みやすい文面になります。

制作に夢中な姿に成長を感じる

年中組では、ハサミの使い方や色の塗り方など、自分なりに工夫して使う様子が見受けられます。思ったように切れなかったときも「わかった!こうすればもっとかっこよくなるよね!」と、アイデアを出して乗り越えようとする姿があり、たくましい!と、感心していました。

クリスマスシーズンの12月は、サンタクロースやトナカイなどのクリスマス制作に取り掛かる予定です。制作に夢中になれるよう保育環境を整え、楽しい制作物をお見せできたらと思っています。

子どもは風の子

冷たい風がピューっと吹きすさび、大人はついつい背中を丸めてしまいがちです。一方、子どもは園庭を走り回っており、吐く息の白いのも気にせず夢中で遊んでいます。子どもは風の子とはよくいったものです。

子どもたちからは、「雪が降らないかな」「雪合戦したい!」と、雪を待ち望む声も聞かれます。「雪のてるてる坊主を作ろうよ!」と、提案している子もいました。丸まった背中が情けなくなります。背筋をピンと伸ばし、この寒い季節を楽しもう!と、思わせてくれる子どもたちの姿でした。

自然は遊び場

朝、園庭に飛び出た子どもたちが、何やら地面を踏みつけていました。何をしているのかな?と、様子を見ていくと、そこにあったのは霜柱です。踏むとザクザクなる音が楽しかったようで、数人の子どもがあたりを踏んで歩いていました。

ある日は木枯らしが吹いて寒い思いでしたが、子どもたちは風に舞う枯れ葉に大興奮。落ち葉を拾ってはその違いを観察し「これはどんぐりの葉っぱだよ!」と、教えてくれる子もいました。子どもは自然で遊び、自然から学ぶとはよく言ったものです。12月の子どもたちも自然を相手にし、寒さを忘れて思い切り遊べそうです。

室内あそびでフィーバー?

日差しのない寒さの厳しい日には、室内遊びも楽しんでいます。最近はAちゃんやCちゃんのリクエストで、クリスマスソングのCDをかけました。するとジングルベルや赤鼻のトナカイなど、ノリノリで歌って踊ってくれます。

度々音楽をかけていたからか、他の子も音楽を聞いて歌ったり、ダンスしたりするのが好きになったようです。「もう1回踊りたい!」「次はア◯パン◯ンにして」など、リクエストしてくれることが増えました。子どもたちの様子は、生活発表会などでもご覧いただけたらと思います。

園だよりにふさわしい締めの言葉

締めの言葉を入れることで、園だよりやクラスだよりにきちんとした印象を与えられます。とくに12月は年末の挨拶も忘れないようにするといいでしょう。ここからは締めの挨拶の文例をご紹介します。

締めの言葉1

20●●年もあと一か月です。子どもの健やかな成長をサポートできたことを職員一同、心から嬉しく思っています。それもこれも保護者の皆さま方のご理解とご協力があったからです。

新年も、●●保育園では子どもたちの笑顔の多い保育を行っていきます。引き続きのご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。

締めの言葉2

クリスマスやお正月など、子どもたちにとっては楽しい年末年始が待っています。正月明け、子どもたちから楽しい冬休みの思い出を聞けるのが今から楽しみです。

本年は、保護者の皆さま方にたくさんのご理解、ご協力を賜りましたこと、あらためて感謝します。来年も子どもたちの笑顔の多い年にしたいと思っていますので、引き続きご協力のほどよろしくお願いします。

締めの言葉3

今年も無事、1年の締めくくりの月を迎えることになりました。年の瀬に春からの子どもたちを振り返ると、子どもたちの成長を感じずにはいられません。冷たい風の吹き抜けるようになりましたが、たんぽぽ組では、残り少ない20●●年を子どもたちと元気に楽しく過ごしていきたいと思っています。

締めの言葉4

寒さが身にしみる季節です。防寒対策や健康観察など、子どもたちの様子に気をつけながら引き続き保育を続けていきたいと思います。

今年も残すところあとわずかです。子どもたちと一緒に「やり残したこと」がないかどうか、話し合いながら一年を振り返ってみたいと思います。

12月の園だよりはいつ頃から制作する?

園だよりは保護者たちの勤務スケジュールを左右するものです。早く発行するのにすぎることはありませんが、いつごろから取り掛かるのがいいのでしょうか。

いつもより早めに取り掛かって

年末年始はイベントごとも多く、原稿の制作や確認にも時間がかかることが予想されます。1週間ほど早く取り掛かる意識で、確認時間を多めにとっておくといいでしょう。

1月の園だよりの配布時期によっては、12月の園だよりに1月の情報を記載するのもいいでしょう。その場合は1月の行事がいつ頃決定になるのかも確認し、進捗が遅延しないよう工夫して制作を進めていきます。

年末のあいさつを忘れずに

季節感や行事などに触れ、子どもたちの様子を伝えることは、どの月の園だよりも変わらず大切なトピックです。書き出しに困ったら、基本的には季節ならではの様子や子どもの成長の様子などを伝えれば間違いありません。ただ、12月は少し違います。世間では必ず挨拶するように、おたよりのなかでも年末のあいさつは欠かせません。年末のあいさつでは、保護者たちに感謝を伝え、来年も引き続き協力いただきたい旨を伝えましょう。「よいお年を」など、年末ならではのフレーズを入れてもいいかもしれません。

-保育士のコラム, 月別の園だより