保育士資格があると転職・就職が有利? 保育士資格が活かせる保育園以外の職場

保育士資格は保育士以外の仕事でも活かせる資格です。その活用の幅は広く、意外な場所でも重宝がられます。今回は、保育士資格が活かせる保育園以外の職場に着目し、まとめて解説していきます。

児童福祉施設

児童福祉施設では、施設保育士として福祉施設で保育を行います。主な児童福祉施設は以下の通りです。

乳児院・児童養護施設

乳児が入院する施設で、養育を行います。また、すでに退院した乳児の相談や援助を行うのが目的の施設です。

学童保育所(放課後児童クラブ)

小学校1年〜3年生までの子どもが、保護者の迎えの時間までを過ごす施設です。一つの学童保育施設につき職員は2人以上必要で、うち1人は放課後児童指導員でなければいけません。保育士は、放課後児童指導員になるための要件に当てはまる一つの資格で、学童保育士よりも給与面で優遇されます。

障がい児関係の施設(放課後等デイサービス、児童発達支援施設)

放課後等デイサービスは、6歳から18歳までの特別支援学校等に通う障がい児が、放課後や長期休暇等に通う施設です。一方、児童発達支援施設は就学前の6歳までの障がい児が通所する施設で、集団生活への適応訓練等を行います。どちらも比較的給与が高いのが特徴です。

母子生活支援施設

シングルマザーやその子どもが過ごすための施設で、入所中だけでなく、退所後の子どもの世話、母親の就業支援等を行う施設です。

児童家庭支援センター

子育てや家庭に関する相談を受け、解決を図る施設です。子どもたちを預かったり、専門家による相談サポートなど、複合的な支援や援助を行います。家庭訪問事業、発達障害児の支援教室への職員派遣等も児童家庭支援センターの職員の仕事です。

働く職員のための保育施設

保育士資格や保育士経験を活かしたいなら、労働者の子どもを預かるための保育施設もおすすめです。運営が一般企業であることもあり、一般的な保育園よりも給与や福利厚生面で条件がいいとされています。

院内保育所

院内保育所は、病院で働く医師や看護師等の子どもがいつでも預けられるよう、24時間、365日対応する保育施設です。

企業内保育所・託児所

会社内や会社の近くに設置された保育施設です。主に従業員の子どもを預かりますが、事業所内保育事業の場合は、地域の子どもたちを一定数受け入れなければいけない決まりがあります。

個人宅等で行う保育サービス

保育施設や福祉施設ではなく、個人宅で提供されるサービスに従事する方法もあります。

ベビーシッター

保育士の経験が活かせる仕事です。短時間から働くこともでき、働けるときにだけ働きたい方に向いています。個人宅へ出向くことも多いですが、保育園等の送迎をしたり、イベント会場の託児スペースで子守をしたり等、ベビーシッターのニーズは高まりを見せています。

病児保育士

急病等で保育園等に預けられない際に、保護者に代わって自宅で子どものお世話をします。

家庭的保育者(保育ママ)

3歳未満の子どもを、自宅で預かり保育します。自宅で開く小さな保育園のようなイメージです。自分の子どもも一緒に過ごすことができ、より家庭的な雰囲気のなかで運営されます。

保育士資格が活かせる異業種

昨今、保育士資格は異業種でも重宝する資格です。

助産施設・産婦人科

新生児のお世話をサポートする仕事です。妊産婦のケアなどを担当することもあります。

幼児教室

小さな子どもが通う英会話やスイミングスクール等で講師やインストラクターとして働きます。ピアノが得意なら、ピアノ講師として活躍することもできます。

商業施設・アミューズメント施設

イベント開催時などに、一時的に預かる仕事です。保護者が買い物する間だけ預かる施設もあります。

写真館スタッフ

子どもの記念撮影をサポートするスタッフです。泣く子どもをあやすなどします。

子ども用品メーカー

子育てや保育の経験から、子ども用品の開発に携わります。

ベビーホテル

主に夜間に子どもを預かる施設です。ホテルとありますが、実際は夜8時頃で閉園します。宿泊できる施設もありますが、24時間開園している施設はほんの一部です。

こちらもCHECK

ベビーホテルってどんな施設?保育士が働くメリットとデメリット

ベビーホテルという名称から、赤ちゃんを一晩預かってくれる施設だと思っていませんか? しかし、実際は宿泊を行わない施設も多く、名称から想像する施設とはかなり違いがあります。この記事では、ベビーホテルがど ...

続きを見る

保育士人材会社

保育士目線で求職者の保育園選びを手伝えることから、保育士人材会社でも多くの保育士が活躍しています。

保育園運営会社

保育園を運営する会社でも保育士資格は活かせます。働く保育士の目線で保育現場を改善したり、働きやすいように制度を整えたりと、現場で働く保育士をサポートできます。

福祉の現場で広く活かせる保育士資格

保育士の資格は、福祉の現場で広く活かせる資格です。高齢者福祉施設等でも知識や資格を活かすことができるため、転職や就職の際には保育園以外の職場にも視野を広げてみてもいいかもしれません。最近では保育士をサポートするために保育園運営会社等に勤める保育士もいます。保育業界とどう関わっていくのか、教育福祉にどう貢献したいのかなど、自分の理想の働き方を自己分析してみるといいでしょう。

-保育士, 保育関係職で働く